お芋がおいしい

現実と幻想の狭間。

流れに身をまかせ

とっっっってもまずい方向に進んでいるかも。

 

anan買ってしまった・・・。

素敵なお写真で、少年の儚さもあってとてもよかった。

小顔で手足長いので、ああいうパンツが似合ってるように感じたよ。

あのままでいてほしいなぁ。

普通の専門雑誌の記事の感じが今一つ好みじゃなくて、外部の雑誌の方がいい仕事してくれる気がする今日この頃。

スタイリストさんとかも違うしね。

 

話は戻って、これ以上深くはいけないと思いつつチケット取れたらぜひ生で見たいという気持ちもある自分が怖い。

お金積まないと会えない文化がとても好きじゃなくてねー受け入れられない。

あと、何回も見ることに慣れてしまってるヲタクとしては、気軽に何回も見れないのが辛いわー。

いろいろ知るために、いろんなの見てほかの子も勉強中。

でもこれ以上はよくないと自制心を持って行動することにするw

 

本命に会えばこの気持ちも薄れるかなぁとぼんやりは考えてる・・・。

本命に会えるのあとちょっと!!